摩擦には注意

敏感肌ならば着るものにも注意したいところですが、敏感肌の人はとにかく摩擦がいけません。

そのため肌に摩擦を発生してしまうような素材が使われた衣類はなるべく避けたいところで、洋服を着ていると気づかないところで大きな摩擦が肌にかかっていることになるので要注意です。

この摩擦が痒みを引き起こして、その部分をかいてしまうとさらなる異常を引き起こしてしまうという悪循環も考えられますので、衣類選びの段階でしっかりと敏感肌対策を行っていきたいものです。

衣類を選ぶ場合には、どのような素材が使われているかがポイントになってきて、基本的に触ってみてチクチクするような衣類は選ばない方が無難でしょう。

化学繊維は敏感肌との相性が悪く、肌に必要以上の摩擦を発生させてしまうので、その摩擦によって肌に異常が発生してしまうのです。

さらに、服装だけではなく下着についてもしっかりと選びたいところで、コットンやシルクが使われた自然素材を選ぶようにするとよいでしょう。

自然素材は肌への負担が少ないですし、摩擦をなるべく発生させないような配慮もできるので、敏感肌の人と相性はピッタリだといえます。

素材が限定されるということでファッションの幅が狭まってしまうことが気になりますが、最近は敏感肌に優しい素材を使った製品にもバリエーションがたくさんありますので、工夫することで十分にファッションを楽しむこともできるはずです。

ただ、敏感肌対策をするだけではなく、服装を楽しめる敏感肌対策にしましょう。